E¿ 冁E”°ç™¾é–’:ほら貝:作家事åE

冁E”°ç™¾é–E/rb>EE/rp>ぁE¡ã ã²ã‚E£ã‘ã‚“EE/rp>

加藤弘一

生涯

 1889å¹´5朁E9日、岡山市に、老èEの造りéE屋ãE一人息子として生まれる。本名ãE栁E€ ã€‚祖母に溺愛されて育ち、E4歳から琴を習う、E6歳で父が亡くなり、生家が傾く。岡山第六高等学校に進み、俳句に親しãE。百閒ãE号はこãE時ãEもãE、E910年、東京帝大独斁E§‘åE学。かねて私淑してぁEŸæ¼±çŸ³ã‚’長与病院に訪ね、E–€å¼Ÿã¨ãªã‚‹ã€‚早く結婚したことから、漱石の校正をまかされる。後に漱石全雁EE編纂にもあたり、文字遣ぁE¨ä»®åé£ãEE見識を深め、正字正仮名を貫く、E/p>

 卒業後、岡山から没落した一家をよびよせ、E™¸è»å£«å®˜å­¦æ ¡ã€å¾Œã«ç ²å·¥å­¦æ ¡ã®ãƒ‰ã‚¤ãƒEªžæ•™å¸«ã¨ãªã‚‹ã€‚海軍機関学校、法政大学をåE任するが、生家の借財を返せるãEずãEなく、「大貧帳」ものにつながる高利貸し体験を重ãEる。この頁E€å®®åŸŽé“雁EE亊に感動しåE門。飛行機にもåEる、E/p>

 1922年、幻想掌編の連作を発表。翌年、第一創作集『åE途』、E925年、E™¸è»ã‚’休èEEˆå¾Œã«ä¾é¡˜é€€è·E‰ã—、家族を棁E¦ã€æ—©ç¨²ç”°ã®ä¸‹å®¿ã§è´E²¢è²§ä¹ãE生活にはぁE‚‹ã€E928年、「百鬼園åE生言行録」をかわきりに随筁E«æ‰‹ã‚’染める、E933年、『百鬼園随筁E€ã€E945å¹´5月、戦災に遁E„、E948年まで掘っ建て小屋に住ãE。黒澤明ãE『まあだだよ』ãEこãE時期を描く、E/p>

 1950年、特急に乗るだけãEために大阪に行き、「特別阿房EE/rp>あほぁE/rt>EE/rp>列車」を書く、E952年、『阿房列車』。以後、『第三阿房列車』まで書きつぐ、E957年、æE猫ノラが失踪、一連のノラもãEを書く、E967年、芸術院会員に推挙されるが、「いめE ã‹ã‚‰ãE‚„」と断る、E/p>

 初期の小説は『夢十夜』ãE影響の濁E„夢のスケチEƒã ã£ãŸãŒã€ã—だぁE«ç‹¬è‡ªè‰²ã‚’あらわし、戦後ãE「サラサーチEE盤」にぁEŸã‚‹ã€‚随筁EE漱石のもう一つの面である俳味を受け継ぎ、何度読んでも尽きなぁEŠã‹ã—みを生んでぁE‚‹ã€E/p>

 1971年4月、E2歳で死去、E/p>

Copyright 1999 Kato Koiti
This page was created on Nov01 1999.
作家事åE
ほら貝目次